クエン酸通販ナビ - 美顔や疲労回復にTOP > 食品で摂取するには? > お酢との関わりA

お酢との関わりA

 

あなたは、クエン酸やお酢を上手く料理に使っていますか?

 

酢酸は蒸発しやすく、低い温度でもすぐに気体になってしまうのが特徴なので、お酢の瓶を開けただけでも鼻につんときますよね。

ですが、口に入れたとたんに酢酸が蒸発するので、酸が気体となtt喉を刺激しています。

 

また、気化しやすいので匂いも部屋中に広がってしまうというわけですね。

 

酢酸は、人間の体内に入った後にクエン酸に変化しています。

 

それから、クエン酸と言えばレモンなどの果物を連想することが多いですが、果実やお酢だけに含まれるものではないんですよ。

 

他にも、あなたの身近なところで言うと、梅干しなどにも含まれているんです。

 

大きさにもよりますが、梅干はだいたい1個あたり約0.35gのクエン酸が含まれています。

 

ちなみに、代表的なものはレモンですが、レモン1個あたりにだいたい3g前後のクエン酸が含まれていますね。

 

しかも、クエン酸は体に良いだけでなく、香りなどで私達の食欲をそそるものなんですね。

 

柑橘系の果物はとても美味しいですよね。

 

料理のエッセンスにもとても役立ちます。

 

例えば、料理にかけるレモンも、言ってみればクエン酸を摂取していることになるので、揚げ物をはじめとして、サラダやマリネ、いろいろなものにレモンを絞ってかけると、とても美味しくなりますね。

 

焼き魚にも絞ったレモンをふりかけると、とっても相性が良くてお魚の味が引き立つものです。

 

また、焼き鳥などグリルしてあるお肉にもレモンがとても合うので、お料理に添えられている場合がとても多いですよね。

 

ですから、お酢だけでなく、レモンもどんどんお料理に使っていくと良いですね。

 

あなたもぜひ、クエン酸入りのレモン等をレシピに加えてみてはいかがでしょうか。

 

食品で摂取するには?記事一覧

食品で摂り入れる方法@

あなたは、クエン酸を上手く料理に摂り入れていますか?これまでご紹介してきたように、クエン酸は美容にも健康にも良いことが分かりましたよね。クエン酸は新陳代謝を活発にし...

食品で摂り入れる方法A

あなたは、毎日の食事にどのようにしてお酢を摂り入れていますか?積極的にお酢を取りたい時、クエン酸を摂取したい時には、生野菜にかけるマヨネーズだけではいけないですよね。 ...

食品で摂り入れる方法B

あなたは、クエン酸を毎日の食事に摂り入れることが出来ていますか?ピクルスについても、たっぷりとお酢を使っている食材なので、ご家庭で作るのも良いですね。ピクルスと言え...

お酢との関わり@

あなたは、クエン酸とお酢にはどんな関係があると思いますか?ご存知の方も少なくないように、クエン酸はフルーツなどに含まれるあの「すっぱさ」です。自然に取れるものだけで...

お酢との関わりA

あなたは、クエン酸やお酢を上手く料理に使っていますか?酢酸は蒸発しやすく、低い温度でもすぐに気体になってしまうのが特徴なので、お酢の瓶を開けただけでも鼻につんときますよね。...

お酢との関わりB

あなたは、クエン酸とお酢を料理に上手く取り入れていますか?例えば、人口のクエン酸を使えば、お酢と違ってとても楽に調理出来ますよね。クエン酸は、無色または白色で、水や...