クエン酸効果まとめ - 疲労回復や筋トレに

 

あなたは、クエン酸について何か知っていますか?真っ先に思い浮かぶ物と言えば、ミカンやオレンジ、レモンなどの柑橘類ですよね。よって、酸っぱいというイメージが強いことだと思います。そんな柑橘類に多く含まれているクエン酸について、こちらでは驚くべき効能や摂取方法などを詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

そもそも「クエン」という言葉には、どういう意味があるのかご存知ですか?これは、中国のミカンの事で、漢字で「枸櫞」と表記します。誰もがご存知の柑橘類に多く含まれている他には、梅干しやお酢にも多く含まれている成分で、酸っぱい物というイメージ通り酸っぱい食品に多く含まれていますね。特徴としては、水溶性なので水に溶けやすいという性質があります。

 

気になる効能については、まずは脂肪や疲労物質である乳酸を燃焼させてエネルギーに変化させるという効果があります。それは、クエン酸回路と呼ばれるものによって起こっています。その回路を簡単に説明すると、老廃物を汗や尿として出したり、呼吸で汚れた空気を外に出すという、生きていく上で基本的な代謝行動のことをクエン酸回路と呼んでいます。

 

なので、よくスポーツ選手などが運動後に摂り入れる事が多いのがクエン酸ですね。摂取すると、数時間でそれら代謝に関係する回路が活性化するようになるので、乳酸が発生しにくい体になるんですよ。最近では、美肌を目指す女性にとっても、アンチエイジング効果があるという事で注目を集めているものでもありますね。それは、摂取することで代謝が良くなれば、細胞がイキイキしてくるので、老化防止という効果が期待できるからです。

 

女性にとっては、いつまでも美しくありたいという気持ちから、そういった美容効果が嬉しいですよね。ちなみに、ピーリングといって古い角質を落とす作用もあるので、最近ではご自宅で手軽にセルフピーリングを行なっている方も増えてきていますよ。今の肌をリセットしたい方や、もっと美しい肌になりたいと願う人は、ぜひともピーリングをお勧めしますよ。

 

このピーリングについては、クエン酸重曹、精製水があれば簡単に作れます。このピーリングは痛みがほとんどなく、低刺激で肌へのダメージが少ないやり方なので、ピーリング後の肌トラブルが気にならないのが特徴ですね。気になる小じわや乾燥肌美白やニキビにも一役買ってくれるので、あなたも一度試してみてはいかがでしょうか。

 

さて、そんな素晴らしい効果を持っているクエン酸ですが、どのように摂取すればいいのかお分かりですか?柑橘類梅干しなどの食品に多く含まれている物なので、それらの食品を摂取する事が一般的な方法にはなります。ですが、酸っぱいものが苦手な人も中にはいると思います。お酢をダイレクトに飲むなんて事も難しいですよね。

 

そこで、そんな方はサプリメントで補給してみることをお勧めしますよ。これは一番手軽に摂れる方法だと思いますね。料理では、サラダのドレッシングにお酢をかけたり、お寿司を食べたり、漬け物を食べたりすることも良いですね。日本は他の国に比べてお酢を使った料理が多い傾向にあるので、それらの料理を積極的に食べていきましょう。

 

ただし、いくら体に良いものだからと言って、大量に摂ることが難しいのがクエン酸です。何と言っても酸味がありますからね。なので、一度に大量に摂るのではなくて、色々な食品と合わせて工夫をして摂るようにしていくと良いですよ。無理をすると長続きしませんからね。少量でも毎日摂ることが体にとっては最適ですよ。健康維持のために、ぜひ積極的に食品に摂り入れていきましょう。それではごゆっくりご覧下さいませ…

参考:美チョコラ効果なしって本当?口コミは嘘?【サンプル無料配布中】

 

 

病気の際の疲労回復に

 

インフルエンザを患ってしまったら、まずは栄養だけでもしっかりと摂取しないといけません。

お薬ももちろん大事ですが、栄養を補給することも大切です。

早急にインフルエンザを治すためにも、水と食事は抜かないようにしましょう。

例え丸一日、食欲がなくても、胃に優しくて栄養満点なものをできる限り食べてください。

妻は花粉症になってしまったから仕方なく、乳酸菌ドリンクを摂るようにしました。

二年前より花粉症となってしまって、鼻水とくしゃみがやまなくなりました。

薬に頼るのは気が乗らなかったので、テレビ番組でやっていた乳酸菌飲料を試用してみました。

今は、これにより花粉症の症状が軽くなっています。

普段の運動量が足りないと筋肉が衰えるだけでなく、体の不調にも関係してきます。

中でも女性に多く症状が見られるのは便秘なのです。

これを解消を試みようと、通勤時にエスカレーターの代わりに階段を使ったり、食事の時に食物繊維が多いものを増やしたりするのが一番です。

後、可能なら、便秘にならないようにするため、、週に1、2回は歩いたり、なにか動をして体を動かした方がいいと思います。

乳酸菌を過剰に摂取したとしても特にこれといった副作用はございません。

ただそうではありますが、いくら体に良いからとは言ってもヨーグルト等で多く摂取し過ぎてしまうと、カロリーのオーバーする可能性があるのです。

実際、吸収できる量には限りがございますので、常識内の量に保つと確実でしょう。

おならの臭気に悩んでいる方は乳酸菌が効果があります。

おならによる臭いの原因は内臓ある悪玉菌にあるとされています。

ですから、腸内の善玉菌を増加させ、悪玉菌が増えるのを防ぐ働きのある乳酸菌を継続して摂取ことによりおならの臭気を和らげることができます。

乳酸菌サプリメントと言えば、何てったってビオフェルミンです。

まだ小さかった頃から売られていたサプリであり、下痢や便秘や腹痛のときにも、変わることなく私のお腹を労わり続けてくれました。

「人には人の乳酸菌」とコマーシャルで言っていますが、効果を実感できる乳酸菌サプリは、まずはビオフェルミンなのです。

私が便秘になった理由は、運動不足のせいなのでしょう。

会社への毎日車で通勤しているので、歩く事もほとんどないのです。

飼い犬などもいないので、散歩に出るようなこともありません。

そのような生活のせいで、私は便秘なのだろうと思うのです。

まず、便秘解消のためにも、ウォーキングをすることにしました。

夜中に高熱になって、約40℃に上がって体調が悪化したので、翌日通院しました。

インフルエンザの検査が実施できますよと教えてくれました。

万が一、インフルエンザだったら、それに効能のあるお薬を処方してもらえるので、チェックしたいと考えました。

特に便秘をなくすのに効果的だといわれているのが、乳酸菌がふくまれたサプリメントです。

おなかの調子、環境をちゃんとすることの重要性は頭に入っていても、ヨーグルトや乳酸菌飲料などに苦手意識がある人も多いです。

連日乳酸菌を含む食品をとるのは大変苦労します。

それが、乳酸菌が含まれたサプリメントなら、お手軽にちゃんととることが可能ですから、便秘が改善することになります。

乳酸菌は多くの健康効果があるといいますが、特に整腸作用に効き目があるということです。

内臓、腸の中の善玉菌を多くすることで腸の中が活発になり体の中に停滞していた便が排泄されやすくなります。

その為、便秘や下痢が緩和されます。

乳酸菌を常用することで腸を整える効果が強まります。